Blog

SSL化対応とは?

最近、URL欄にこの画像の表示を目にすることが多いのではないでしょうか?
SSL化対応が出来ていないサイトでは、この表示になってしまいます。Googleは2018年7月より、SSL化されていないページにはGoogle提供ブラウザーのCromeユーザーに警告を表示しています。 そこで、簡単にSSL化とは何かを分かり易く説明させて頂きたいと思います。

「保護されていない通信」の警告

SSL(Secure Sockets Layer)化とは、パソコンとサーバ間での通信データを暗号化してやりとりする仕組みです。 Googleは2017年10月から、テキスト情報を入力するメールフォームや問合せフォーム、買い物かご、サイト内検索窓等があるWebページが、「http://」で始まるURLではなく、「https://」で始まるURLでないとChrome上では(IE/Internet ExplorerやFire fox等では関係ありません)、「保護されていない通信」という意味の警告を表示するようになりました。 また、2018年7月からは、「http://」で始まる全てのサイトに警告が表示されるようになりました。今後、Chromeのシェアは高まると予想されますので、お客様向けのwebサイト運営をされている企業や個人の方々は、そのホームのURLを「https://」で始まるものに変更する事をお勧めします。

「安全ではありません」の警告

iPhoneをお使いの方だと、Safariのブラウザをご利用の方も多いかと思います。SSL化対応でないサイトを閲覧する際、このような「安全ではありません」表示が出てきます。この表示が出てくると少しドキッとしてしまいますよね。お客様はSSL化に対応していないサイトだと気が付いた瞬間、そのサイトに対する信用度がとても下がってしまいます。

どんなリスクがあるの?

SSL化しないリスクとしては、悪意あるユーザーに個人情報などの重要な情報を読み取られ悪用されてしまったり、ページを改ざんされてしまう可能性があります。また、 サイトに訪問したユーザーも「保護されていない通信」という表示がされていると自身の個人情報を入れることに躊躇してしまい売上が減る事も考えられます。いたずらに焦る必要は無いと思いますが、気になる方はお気軽にお問い合わせください。 SSL化対応を随時対応させて頂きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

web集客・サイト制作に関するご相談はこちら

お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせはこちら

0120-57-1140

平日 AM9:00~PM6:00